授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動力機械設計製図
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 機械設計では,与えられた条件を満たす機械の形状・寸法をどのようにしたらよいかという問題について,計算その他の方法を尽くして解を求めることが必要となります.機械製図では,得られた解にもとづいて機械を適切に図示することが必要となります.
 本授業では,JIS機械製図規格に基づいて,投影法,寸法記入法や粗さパラメータの表示法,断面表示法,寸法公差および幾何公差の表示法等の習得を目的とした機械製図の基礎となる実習を行います.さらに,機械設計法の基礎を身に付け,設計に対する考え方およびその手順をに把握することを目的として機械要素の設計製図実習を行います.                         
 本授業により育成する力・スキルは,「自ら考える力」,「成し遂げ力」,「時代の変化に対応する専門力」,「動力機械に関する基礎知識と理解」です.
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません.次の段階の「エンジン設計」の基礎となります.
履修のポイント
留意事項
 力学関係科目,機械材料科目関係など多くの科目と関係がありますので,理解を深める
ためには自ら演習問題に取り組み,じっくり考えることが最良かつ不可欠です.
学部・学科必修/選択の別
工学部 動力機械工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成