授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動力機械実験
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  動力機械には自動車,航空機,船舶等の輸送機械とガスタービン,蒸気タービ
ン,水車,風車のようなエネルギー変換機械があります。自動車にはエンジン,駆
動系,シャシー,ボディ,スタイル等のデザイン,室内装備,居住性能,安全性
能,電装関係,公害防止やリサイクル等,多くの分野にわたる技術が集約されてい
ます。その開発には機械工学の基礎科目である材料力学,熱力学,流体力学,機械
力学,機械製作法等が駆使されています。また自動車の生産にはロボット技術等が
活用されています。
 基礎動力機械実験および動力機械実験は,授業で学んだ動力機械の各分野に関連し
た内容のテーマについて,実験を通して機械工学の基礎に対する理解をより深める
実験科目です。各々の実験結果を考察することにより,ある種の現象の法則性を確
認あるいは発見することや,また実験するだけでなく,その結果を要領よくまとめ
て第三者に報告する能力を養うことを目標としています。
 この授業により育成する力・スキルは「成し遂げ力」,「時代の変化に対応する専
門力」、「動力機械に関する応用実践力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
 動力機械の各分野(材料工学,熱工学,流体工学,機械力学,機械工作,設計など)
の科目に関連した基礎的な内容のテーマについて実験を行います。
履修のポイント
留意事項
(1)実験のテキストを予め読み,実験の目的,理論,実験装置,実験方法および結果のま
とめ方などの概要を把握してください。
(2)実験の成績は全ての実験テーマを履修し,且つ期限内にレポートを提出した場合にの
み評価します。
(3)実験は途中から参加できないので遅刻した者はその実験を受けることができません。
(4)安全を十分に注意して,実験担当教員の指示に従ってください。

学部・学科必修/選択の別
工学部 動力機械工学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成