授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宇宙科学A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
現代は様々な人工衛星が日常的に打ち上げられ、宇宙実験、地球観測、天体観測
などが行われています。また、宇宙空間への人類の直接的な進出として、国際宇宙
ステーションが建造されてきました。さらに、国際宇宙ステーション計画の先には
月面基地建設や火星有人飛行計画も展望されています。このような宇宙空間利用と
宇宙進出に関する科学技術は、本学科で学ぶ飛行機、ロケット、衛星などの飛翔体
に関する航空宇宙工学そのものです。しかし、ここで地球を離れて宇宙空間を利用
し、生活をすることを考えるとき、まず地球を取り巻く宇宙の環境を知らなくては
なりません。その意味で航空宇宙工学を学ぶと同時に、宇宙というものがどのよう
なものであるかを学ぶことは必要かつ有用です。本授業では地球を取り巻く宇宙の
理解を目標として、現代天文学が解明している基礎的な事柄、太陽系の探査の現
状、太陽の構造、太陽と恒星の進化、太陽と宇宙・銀河系の化学進化、について理
解を深めることを目標とします。この授業で養成する力・スキルは、自ら考える
力、自然科学についての基礎知識、論理的に考え説明する力です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、基礎的な物理学と深く関連し、その理解が望まれま
す。また、本専攻の科目では、宇宙科学B・C、宇宙電磁気学A・Bにつながって
いく内容です。
履修のポイント
留意事項
授業では時間的制約のため、あまり詳しく述べることはできません。自分の興味に応
じて、参考書(一般の啓蒙書、解説書、専門書も含めて)により、さらに深く勉強して
いくことを勧めます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成