授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宇宙推進工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
この授業ではロケットエンジンの推進機構について講述します。ロケットエンジン
は化学推進ロケット(固体ロケット、液体ロケットおよびハイブリッドロケット)
と、電気推進に代表される非化学推進ロケットに大別されます。ここでは、これら
の各種エンジンの構成要素と特徴について学んだ後、それらの基礎となるノズル理
論、燃焼理論、および加速機構などについての基礎理論について学習します。この
授業の目標は、これらのロケットエンジンのシステムと構成要素の理解、および作
動原理に関する簡単な解析ができるようになることです。
 この授業で育成する力・スキルは、自ら考える力、時代の変化に対応する専門力、
航空宇宙学を応用する力です。
先修条件または
他の授業科目との関連
工業熱力学A・B、流体力学及び演習、航空推進工学を履修済みであることが望ま
しいです。また、ロケットエンジンはロケットシステム工学の基礎となります。
履修のポイント
留意事項
航空宇宙学実験1・2で行われるレシプロエンジンおよびジェットエンジンの実験はこの
授業の理解を深めるのに役立ちます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成