授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空宇宙機設計及び演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 複雑なシステムで構成されている航空宇宙機のデザインは、多くに設計者の連携作
業により長期間にわたって行われます。また、設計と、それに基づく試作機による検
証を繰り返しながら設計をより確実なものにしていきます。このような設計のプロセ
スについて、本授業では設計の全体像を把握するために必要な知識や、設計の手順の
理解を目標にします。宇宙工学・航空工学に関連する専門分野の学習と、それを実際
の設計の中でどのように役立てていくのか、人工衛星・ロケット・スペースプレー
ン・航空機を題材にして、実例を使いながらその効果的な適用法を理解します。
 この授業により、挑み力、 時代の変化に対応する専門力が養われます。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は特にありません。
履修のポイント
留意事項
 授業の内容を、単に知識として覚えるのではなく、将来、実際にハードウェアを設計す
ることをイメージしながら受講して下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成