授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空法規2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この授業は、パイロットが計器飛行をする場合に必要な法律の基礎的知識を付与
することを主たる目標とし、計器飛行証明学科試験の合格も併せて目指します。全
く外を見ないでルールだけを頼りに飛行しなければならない最も厳しい状態にも対
応するために、係る知識を体系的に整理して理解する必要があります。
 本授業により、大学の目標である「学習力・思考力・探求力等の自ら考え力」、
更に学部の目標の「技術者のモラルと使命を理解して工学の発展に寄与し、社会に
貢献する力」を養成することが出来ます。また、学科の目標である「エアマンシッ
プを発揮しコンプライアンス、協調性により常に安全運航に努める力」(パイロッ
トとしての自覚と使命感)や「航空基礎知識を正確に理解し、その知識を実践に生
かすことの出来る力」(航空知識の理解力と実践への応用力)も同時に養成できま
す。
先修条件または
他の授業科目との関連
先ず航空法規1をしっかり学習しておくことが必要です。
履修のポイント
留意事項
 計器飛行方式に関する内容が主ですので、十分に理解し運用できるよう知識の体系的
整理が重要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 必修

2018/09/13 17:24:48 作成