授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基本計器飛行
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 基本計器飛行の目的として、機外の目標と同じように、飛行計器に対して注意配
分し、計器の指示を信頼する確実な習慣を身につけることで、より操縦の精度が高
まり、安全性の高いパイロットを養成することにあります。計器飛行の基本となる
重要な訓練であり、柔軟で、円滑な操縦感覚と理解を培うことです。
 本授業および実機訓練を通して、問題発見力、構想力、プラニング力を含む挑み
力が養われます。また航空知識の理解力と実践への応用力であります『航空基礎知
識を正確に理解し、その知識を実践に生かすことが出来る力』、さらに時代の変化
に対応する専門力であります『専門分野の技術動向に精通し、時代に即した工学的
な対応策を見出すことが出来る力』も養われます。さらに的確な判断力と確かな操
縦技倆であります『知識と経験により常に的確な判断を行い、確かな操縦技術によ
り安全運航を成し遂げる力』が養われます。そして基本的な計器飛行能力が技能証
明付与に必須条件になっています。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません。計器飛行の基礎となる科目であるから、十分な理解が肝
要です。
履修のポイント
留意事項
 その基礎的な要素@計器のCross CheckやScanningAInterpretation(計器の判読)
B柔軟で、円滑な飛行機のコントロールを理解し、実践でのイメージトレーニングおよ
び反復練習が効果的です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成