授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 飛行力学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業では、航空機のレシプロエンジン、プロペラ、電気系統、空調システム、油
圧および空圧システム、燃料系統、電源装置、潤滑システムなど航空機の主要システ
ムについて、主に力学を応用して深く学修します。
 本授業を受講することで、問題発見力・構想力・プランニング力を含む挑み力が養
われます。また、最新の航空技術を学ぶことにより時代の変化に対応する専門力が養
われ、航空知識の理解力と実践への応用力、および的確な判断力と確かな操縦技倆に
結び付く力が養われます。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありませんが、航空機システムの授業と合わせて、飛行訓練留学先で履
修する必要があります。その他、航空機基本システム、航空機電源装置、航空推進装
置の各授業と深く関連します。
履修のポイント
留意事項
 本授業は飛行訓練のための留学先で開講されます。飛行機の操作に必要な知識に直結し
た授業です。授業での知識を応用、実践できるように心がけて学修することが肝要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成