授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空機システム工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 航空機システム工学は広範かつ多種多様な学問分野と生産分野に及んでおり、いわゆる総合技術の結集といえます。飛行機の運航の安全性や快適性を確保するための操縦装置、エンジン制御装置、燃料系統、油圧装置、電気系統、空調・与圧装置、着陸装置、防火装置に関する役割、構造、作動原理などについて学習します。
 この授業を受講することで、学習力・思考力・探求力を含む自ら考える力が養われます。また、時代の変化に対応する専門力である「専門分野の技術動向に精通し、時代に即した工学的な対応策を見いだすことができる力」も養われます。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません。
履修のポイント
留意事項
 実際の航空機に応用されている実践的な航空技術であり、航空機全般および専門技術に関する知識を確実に習得することが必須です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択
工学部 航空宇宙学科               航空操縦学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成