授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎物理B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 身近に見られる物理現象を数式で表現し理解するための基礎的な考え方や方法について学ぶことを目的とする。理学、工学分野では数学的手法を多く使うことから、その計算方法の理解に終始することが多いが、ここでの数式は現象の表現手法に過ぎない。数学的技法も重要であるが、どのような因果関係によって現象が起こっているのかを見極めて、その関係を数式によって表現する力が自然科学や技術の理解には不可欠である。
 本講義では高校までの物理学の復習として、基礎的物理量の意味、質点、剛体、弾性体の力学を中心に基礎的事項を解説する。力と運動の関係の理解を通して、物理現象と表現法としての数学を結び付けて理解できるようにする。本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設けない。本科目は理工学的な考え方を身につけるために重要な科目であり、理工系分野のほとんどの科目と関連がある。
履修のポイント
留意事項
 力学から始まる物理学は決して難解なものではなく、身近な現象をテーマにして、これを単純化して理解しようとする学問であることを意識して学習に臨んでいただきたい。この考え方を十分に理解し他の応用分野においても、同様の見方が出来るように心掛けてもらいたい。成績評価は、試験、課題を総合的に判断して行う。原則として、各学科指定の曜日、時限で履修すること。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成