授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用数学C
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
今後の科学技術の発展を見据えると、時代のニーズに見合う技術者として活躍するために、数学を道具として使いこなせる能力が必要であることがわかる。この能力とは、定理の証明や計算テクニックに止まらず、そこで用いられる数学的概念や数学的結果を現実世界における問題解決に適用できる能力であり、数学的概念であれば、「それが何をモデル化したものであるか」を現実世界と対応づけられる能力、また、数学から導かれる結果であれば、「それが応用上、どのような意味をもつものであるか」を的確に解釈できる能力などがこれにあたる。こうした能力を向上させることにより、「現実世界の研究対象をコンピュータ上にモデル化するための方法」としての数学を修得することが、「応用数学」の目標である。
 とくに応用数学Cでは、計算をモデル化する方法として数理論理学を学び、さらに、情報理論における符号をモデル化する方法やコンピュータ科学におけるデータ型や仕様記述をモデル化する方法として代数系を学ぶ。具体的には、数理論理学として、写像、限量子、一階述語論理の構文と意味などを、また、代数系として、群、準同型定理、イディアル、多項式環、剰余環、有限体などを扱う。

先修条件または
他の授業科目との関連
離散数学を学んでおくことが望ましい。「数学を道具として使いこなすための能力」を総合的に向上させるために、履修時期は問わないが、応用数学A、応用数学Bも履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
将来にわたり専門性を高め続けるための数学的リテラシーを修得する科目である。目先のテクニックを習得することに振り回されず、一つのことを考え続ける習慣を身につけてほしい。質問については、諸君の都合もあると思うので特に日時を定めず、授業終了時に相談して決めたい。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成