授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 オペレーティングシステム
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 コンピュータシステムの中核であるオペレーティングシステム(OS)に関して講義する。本授業ではオペレーティングシステムとは何か、どのような役割があるのかを理解し、オペレーティングシステムをCUIで操作することを目的とする。インタフェース環境、カーネル、プロセス管理、入出力管理、メモリ管理といった、オペレーティングシステムの各種機能やサービスプログラムの働きを、CUIを用いた演習を交えて理解を深める。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」、「人に優しい情報メディアを開発する力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けない。コンピュータ基礎、情報ネットワーク概論、コンピュータアーキテクチャと関連が深い。
履修のポイント
留意事項
オペレーティングシステムを学習することで、日常使っているコンピュータの処理やGUIを理解することができる。CUIの演習やシェルスクリプトの作成は基礎的な内容から扱うので、まずは苦手意識を持たずに取り組んでほしい。成績評価は、試験、課題、出席状況等を総合的に判断して行う。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成