授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 データ構造とアルゴリズム応用
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「データ構造とアルゴリズム基礎」で学んだ処理手順やデータアクセス形式に関する知識をもとに、さらに発展した高度なデータ構造とアルゴリズムを考え、応用するための方法を講義する。
 本科目では、状況に応じてどのようなアルゴリズムを選択すべきなのか、処理時間とアルゴリズムの複雑さについても並べ替え処理などを例題として講義する。また、演習を通じて、データ構造とアルゴリズムを考え、利用する力を得ることを目的とする。
 この授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」、「情報メディアを自在にあやつる力」、「人に優しい情報メディアを開発する力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けないが、「データ構造とアルゴリズム基礎」を基礎とする科目である。
またソフトウェア開発関連科目と関係が深い。
履修のポイント
留意事項
データ構造とアルゴリズム基礎を履修していることが望ましい。	

学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成