授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ヒューマンインタフェース
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「人に優しい社会」、「人が利用しやすい機械」を作るためには、人のことを知らなければならない。人について知る学問が「ヒューマン情報処理」、「認知科学」だとすると、それを具現化する学問が「ヒューマンインタフェース」であると。デジタル情報がネットワークを流通するサイバー社会において、その主役である人と機械とのふれあい、情報への人の接し方に関する技術がテーマである。本講義では、「人」と「機械」との間で効率的な情報のやりとりを行うためのインタフェースや、人に情報を伝えるためのデザインとはどういうものか、どのように設計・制作していくのか、ヒューマンインタフェースツール等について講義する。さらに、「人」に情報の入出力を喚起させるためにはどうすればよいか、「人」のエラーによるリスクを最小限にするためにはどのようにすればよいか、についても述べる。
先修条件または
他の授業科目との関連
認知科学の知識を基礎にして理解する。バーチャルリアリティ・同演習、インタフェースデザイン・同演習などと関連が深い。
履修のポイント
留意事項
配布資料に目を通し予習・復習すること。質問があれば用意する。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成