授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 バーチャルリアリティ・同演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 バーチャル空間をあたかも現実的に感じられるようにする人工現実感技術について講義する。具体的には,立体視システムやフォースフィードバックシステム等によるバーチャル空間内における感覚の実現技術,位置センサやキャプチャシステム等による現実空間とバーチャル空間との相互マッピング技術,バーチャルリアリティを実現するためのソフトウェア技術について講義する。また,没入型立体映像装置など各種バーチャルリアリティ装置による実習を行い,バーチャル世界を体感させ,その応用・発展技術について講義する。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設けない。
 インタフェースデザイン・同演習,画像処理・同演習,コンピュータグラフィックス・同演習と深い関連がある。
履修のポイント
留意事項
 バーチャルリアリティ技術を導入することでインタフェース技術がどのように変化するかを意識しながら授業に臨んでもらいたい。
 成績評価は,試験,課題,出席状況等を総合的に判断して行う。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成