授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 自然言語処理
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 コンピュータによって自然言語処理を行うための手法について講義する。自然言語処理における最大の問題は自然言語の曖昧性である。本講義では、まず自然言語処理の概要とその難しさについて理解する。次に自然言語の解析手法について講義して、曖昧性がどのように生じるか、それを解消するための知識と技法について述べる。具体的には、言語理論、形態素解析、構文解析、意味解析などであり、それらの解析手法の例を説明して、演習問題により理解を深める。最後に、人工言語であるプログラミング言語やコンパイラとの関連を解説する。
 この授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「情報通信技術の進歩に対応できる基礎学力」、「情報メディアを自在にあやつる力」である。具体的には「言語処理の概要とその手法を理解する力」、「プログラミング言語などの人工言語における言語処理の役割の理解によるプログラム開発能力」の育成を目指す。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設けられていない。言語処理はプログラミング言語などの人工言語の処理の基礎となる。また、自然言語処理は各種情報メディアにおいて不可欠な技術である。すなわち、画像認識で文字を認識したり、音声認識で音声を認識しても、その意味、意図を理解するには自然言語処理が不可欠である。したがって、画像処理・同演習、音声処理・同演習、ソフトコンピューティングなどと関連がある。

履修のポイント
留意事項
 よく復習しながら授業に臨んでもらいたい。自然言語の処理方法はアルゴリズムとして提示されるので、アルゴリズムについて予め復習して、論理的な思考を身に付けておいてほしい。1コマ授業であるので講義中にできる演習は限られる。そのため課題として課す演習問題を自分で解くことが大切である。わからない用語や内容については自ら調べたり、例題を解いてみる積極性が大切である。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 情報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成