授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プログラミング入門
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本科目は初心者を対象として、プログラムの作成方法の基礎を学ぶものである。C言語などの手続き型言語による簡単なプログラミングを学習する。プログラミング言語の基礎である、データ型、演算子、選択構造、繰返し構造、関数、配列などの基本文法を学ぶ。授業内でプログラム作成の実習を行いながら理解を深めていく。最終的には、100行程度のプログラムの作成および、他の学生が作成したプログラムを見てどのような動作を行うかを読み解ける様になることを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。本科目の続きとして、プログラミング応用がある。これによりC言語をひと通り学ぶことができる。データ構造とアルゴリズム・同演習、ソフトウェア工学1、ソフトウェア工学2と関連がある。
履修のポイント
留意事項
本科目は組込みソフトウェア技術者として最も基礎的で重要な科目である。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 組込みソフトウェア工学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成