授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎電気回路
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
電気回路は、ボルタの電池が発明された1800年以来驚異的な発展を遂げ、私達の日常に浸透している。本科目では、私達の身近な組込みシステムの土台となっている電気回路について、その電気的法則や現象を理解させ、電気回路を解析・設計するための基礎を培うことを目的とする。

主な授業内容は以下の通りである。
1.電荷と電流
2.電位と電圧
3.オームの法則
4.直流回路
5.コイルと電磁誘導
6.コンデンサと静電容量
7.正弦波交流信号
8.交流回路
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、高校で学んだ物理の知識を必要とする。ハードウェアに関係する多くの専門科目の基礎になる科目である。
履修のポイント
留意事項
分からなくても途中であきらめないで多くの演習問題を解くことが重要である。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 組込みソフトウェア工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成