授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 制御工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
フィードバック制御の技術は家庭電気機器、コンピュータ周辺機器および人工衛星の姿勢制御などきわめて多くの分野に適用されている。これらの複雑な機械装置を合理的に設計・管理するためにはフィードバック制御の数学的な理論が不可欠である。フィードバック制御の実現のための体系的理論が制御工学である。本講義では、ラプラス変換、フィードバック制御の構成要素を表現するブロック線図、過渡応答法の為のステップ応答とインパルス応答、周波数応答を表現するためのボード線図とナイキスト線図、フィードバック制御系の安定判別法であるラウス・フルビッツの安定判別法およびフィードバック制御系設計法について講義する。授業の目標は、古典制御における基本的な周波数領域での解析法及び時間領域との対応などを学びながら、制御系の解析力と設計力を養成することである。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。
履修のポイント
留意事項
本科目の講義内容を理解するには多くの演習問題を解くことである。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 組込みソフトウェア工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成