授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境ビジネス論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講義では、持続的発展と企業行動の関係をテーマとし、環境と企業利益の両立というバランス論を超えて、企業行動を積極的に活用して環境保全を達成するための国家戦略について考察する。本講義の題材としては、リサイクルや温暖化ガスの排出権取引といった環境政策により企業の環境ビジネスを誘発した豊富な事例を取り上げる。その事例研究の成果として、経済成長に代わり環境保全が企業活動の新たなパラダイムとなりうるための条件を明らかにしたい。そして、本講義の到達目標を、アダムスミスの言う個人的利益の追求が自ずと社会的利益の最大化をもたらすという「神の見えざる手」を超えて、企業の直接的な社会的利益に寄与する行動を分析することにより、環境と社会の係わりを正しく理解する力を身につけることに設定したい。
先修条件または
他の授業科目との関連
当該授業科目には先修条件は付されておらず、当該授業科目が他の授業科目の先修条件ともなっていない。
 本講義は、環境と企業利益の両立というこれまで環境ビジネス論の主流であったテーマを超越するところに目標がある。企業を単なる営利組織とみなすのではなく、その社会的責任にも着目する必要がある。その社会的責任の一環として環境保全が位置付けられる。その意味では、倫理的側面からビジネスを理解する必要があることから、できれば本講義の履修の前に「環境と倫理」の授業の単位を修得しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
ミニレポート等により、授業の到達目標の達成度を定期的にチェックする。理解度が合格点に達していない単元については、レポート措置等により到達目標の達成を目指す。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成