授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋・環境の法規
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
従来、海洋環境の保護に関するルールは、人的活動範囲の拡大に伴う海洋汚染に対する防止措置として発展してきたと言える。特にこういった汚染が、海洋の浄化能力を超えるに至り、国際的な海洋環境保護のためのルール策定が急務となった。1982年に制定され、1994年に発効した国連海洋法条約が、海洋環境の保護・保全に関する現在の包括的な原則・規則を定めた国際的な法規である。本講義では、本条約を中心に海洋汚染防止のルールの仕組みを理解してもらうと共に、同条約にも定められた海洋生態系・生物の保護・保全に関係する新たな発展についても考えてもらいたい。
先修条件または
他の授業科目との関連
特にありません。
履修のポイント
留意事項
積極的に授業に参加する学生を希望します。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成