授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地球環境の危機
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
都市域における化学物質による環境汚染が地域的課題として存続する一方、20世紀末以降、気候変動などグローバルな環境に対する危機意識も高揚している。本講義では、地球温暖化に代表される地球規模での環境変動について、現状とその社会的影響について講述するとともに、工業化に伴い顕在化した、都市および近傍域における地圏や水圏の環境汚染問題について、汚染のメカニズムや国内外における投廃棄物・排出物等による汚染問題事例などについて紹介する。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設定されていない。グローバルな環境変動を取り扱う点で「気候変動と自然災害」、水圏・地圏の環境問題を取り扱う点で「水圏・地圏の環境科学」、などと関連する。
履修のポイント
留意事項
日頃より新聞やインターネット報道を通じて、地球温暖化や生物多様性、環境汚染問題などに関する国内外の会議や取組の動向・話題について情報収集に努めることが望まれる。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋文明学科 選択
海洋学部 環境社会学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成