授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地学実験
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
宇宙の創生から太陽系の成立、そして地球という惑星の特殊性を理解する。固体地球の諸現象の理解だけでなく、地球は水惑星とも呼ばれており海洋循環や大気循環についても基礎的な事象を理解する。
 そのために地球科学を論ずる上で基礎となる事項を実験やコンピュータ実習等を通じて学び、スキルの向上を図る。さらに教職希望者が知っていなければならない最低限の地学的知識の習得を実験を通じて目指し、地球科学の総合的な理解が得られるようにする。
 対象が広範囲にわたるので、全体を天文、海洋・気象、固体地球、地史に分け、各分野から数テーマを選んで、実験、演習を通して地球を科学的に捉える姿勢を身に付けることとする。
先修条件または
他の授業科目との関連
講義科目の「地学」を先に履修していることが強く推奨される。実験で出てくるテーマそのものはともかく、それに関連した基礎的知識は既に履修者が持っているものとして本科目は行われるからである。また「地学」(実験、座学共に)という分野は自然科学の他の3分野(物理、化学、生物)の知識を用いて、地球、そして地球を取り巻く宇宙について理解しよう、というものであることから、この3つの自然科学の、高校までに習った知識が援用されることを覚悟しておくこと。さらにあらゆる自然科学においては、現象の数値的な把握、そしてその数値の数学を用いた解析、が必要となってくるので基礎的な微積分の知識もあった方がよい。
履修のポイント
留意事項
「先修条件または他の授業科目との関連」においても述べたが、他分野の知識を利用して実験あるいは演習が行われるので、最低限の物理、化学、生物の知識を前もって復習しておくこと。さらに天文分野では簡単な微積分の知識も必要となる。(「地学」という分野の本当の姿を知るには必須のことである)
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋地球科学科 選択
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択
海洋学部 海洋生物学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成