授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水産餌料・栄養学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 水産動物を健全で速やかに成長させるためには,その動物の要求する栄養素を含
んだ餌料を与える必要がある.また,飼育環境を汚染させないために,効率よく生
物体内に吸収され,排泄量がより少ない飼料が求められている.また,摂餌生態を
理解することで効率良く給餌することができる.本講義では,これらに関する基本
的知識を学ぶことを目的とする.
 摂餌生態,配合飼料やプランクトンを始めとする天然の餌料生物の種とその培
養,各種の水族に必要な栄養要素,成長段階ごとの餌料の種類(餌料系列)と投与
方法,配合飼料の製造方法について解説する.
 この講義をでは授業内容を理解することで自ら考える力を養い,摂餌生態につい
て理解することで,生物を理解し,配合飼料の原料や作成方法を理解することで,
産業に結びつける力を身につけることができる.
先修条件または
他の授業科目との関連
 水産餌料・栄養学は水産増殖学の一分野として位置付けられ,水族繁殖学とも深
い関係がある.特に本講義では水産増殖を基盤として授業を進めるので,水産動物
の生活史に関する知識と理解が必要である.
履修のポイント
留意事項
 本講義では健全な親魚養成と種苗生産の基礎となる餌料と飼料について解説するの
で,卒業研究でその分野の研究を志す諸君や卒業後に増・養殖関連企業や団体,飼料メ
ーカーへの就職を目指す諸君は受講を勧めたい.
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択必修
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成