授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 食品化学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 食品の一般成分であるタンパク質,脂質,炭水化物,無機質,ビタミン等について
日本食品標準成分表を活用し,それぞれの基本的な性質ならびに分析法の原理およ
び分析データの重要性を理解させる。また原料である生鮮農水産物から加工食品に
至る多様な食品の特徴を学ばせる。食品の品質に影響を与える温度,時間,酸素,
光等の作用を,該当成分の構造および化学反応を示し,食品の化学的性質を理解さ
せる。また,味,におい,色等,食品を科学的に評価する測定方法および官能評価
法を学ばせる。
先修条件または
他の授業科目との関連
 食品化学実験の先修条件である。また、有機化学、生物化学、食品製造学、機能性
食品学、食品栄養学、食品分析学が関連科目である。
履修のポイント
留意事項
 必修科目であり、4単位(週2回)科目であるので、確実に履修し、単位を取得する
よう、努力すること。出席が前提なので、欠席しないこと。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択

2018/09/13 17:24:48 作成