授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 食品流通論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 現在の社会では、日本国内は勿論のこと、外国からのいつでも必要な食材、食品
を入手することが可能である。そこには、生産者と消費者の重要な関係が存在す
る。消費者が必要としているものを生産・加工しなければ売れないのである。
 本講義では、食品の流通の基礎として、@食品生産と流通の消費市場システムに
ついて、A食品流通の仕組み、B生活スタイルが及ぼす食品の消費の変化、C食品
安全性の確保と流通業界の仕組みについて学ぶ。
先修条件または
他の授業科目との関連
食品学概論、食品製造学、食文化論、食育実習等と関連がある。
履修のポイント
留意事項
普段から、コンビ二やスパーで食品を買う際には、生産地や原産国を意識してほしい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成