授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水産学ゼミナール
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  本ゼミナールは,従来,卒業研究と称されていた科目に相当する。本科目は通常の講義・実験科目とは全く性質が異なる。春(秋)セメスターに当ゼミナール,秋(春)セメスターに水産学総合研究を履修する。教員の指導のもとで,研究計画を立て,研究を推進し,とりまとめ,発表する。水産学ゼミナールと水産学総合研究は,専門家を育成することだけが目的ではない.社会において必要とされる「物事を考え,問題を発見する能力」,「実行に移し,解決・発展させる能力」,「文書上でまとめられ,人に伝えられる能力」を有した人材育成を目指し,広く社会性を身につけることを目標とする。
  本ゼミナールでは,ゼミでの発表も課せられ,特に重視される項目は「物事を考え,問題を発見する能力」,「実行に移し,解決・発展させる能力」である。本授業で養う力は,成し遂げ力および知識と技術の活用力である。

先修条件または
他の授業科目との関連
  7セメスター以降かつ卒業に必要な単位数のうち108単位以上の修得が先修条件である。希望の研究室に入るには,各研究室指定の講義科目や実験科目を履修していることが望ましい。また,GPA1.0以上の成績を有することも望ましい。
履修のポイント
留意事項
 6セメスター終了時までにどの分野で研究を進めるかを決めておく必要がある。6セメスター終了までに,本ゼミナールと水産総合研究以外の単位を修得しておくと十分な研究活動ができるので,それを目指すこと。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 必修

2018/09/13 17:24:48 作成