授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ホスピタリティ演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
ホスピタリティは古代ローマの習慣に由来する発想であり、語源的にはホスト(主人)がゲスト(客)をおもてなしすることを意味する。旅行業、宿泊業、運輸業では接遇・接客の基本的な理念としてこの概念を位置づけ、日々の経営の中に取りこみ実践している。本科目では、宿泊施設(ホテル・旅館)など観光ビジネスの現場を対象として、実際に行われている具体的な活動を演習形式で体験的に学び、ホスピタリティとは何か、なぜそれが必要とされているかを理解するとともに、基本的なルールを身に付ける。
先修条件または
他の授業科目との関連
関連科目:ホスピタリティ経営論、ホテル経営論、エアライン演習
履修のポイント
留意事項
演習形式で観光分野におけるホスピタリティの実際及びそれを支える仕組みを学ぶ。毎回出席し、予習・復習を欠かさないことが必要である。
学部・学科必修/選択の別
経営学部 観光ビジネス学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成