授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 観光地域づくり論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
地域社会の再生・活性化という面からも観光振興の意義・役割が注目されている。地域の特徴を生かした観光、地域と密着した体験交流型の形態が、地域経済への効果及び環境保全に有効であることが指摘されており、日本の全国各地で地域の特性を活かした様々な地域ツーリズムの取り組みが始まっている。本科目では、様々な観点からの観光による地域づくりの事例を紹介しつつ、その工夫やそれもたらした課題に言及する。そうした様々な試みを比較しながら、観光による今後の集客戦略のあり方を探るなかで観光振興と地域づくりの関係を学ぶ。

先修条件または
他の授業科目との関連
地域づくりと密接な関係にある着地型観光については、着地型観光論で学び、観光地域づくり演習1で地域づくりを実習する。

履修のポイント
留意事項
様々な観光のおける地域活性化の在り方について関心を持つ。
学部・学科必修/選択の別
経営学部 観光ビジネス学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成