授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 微分方程式
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
微分方程式は工学系に属す多くの分野の中で重要な役割を果たす。特に力学上の多
くの問題は微分方程式を用いて定式化され、微分方程式を解くことにより力学的現
象を解析的にとらえることができる。この授業では常微分方程式の基礎について学
ぶ。授業の内容は(1)微分方程式の解、初期条件などの基本的事項(2)様々な
型の1階常微分方程式の解法とその応用(3)2階線形常微分方程式の解法とその
応用などを予定している。随所に微分方程式の具体的な応用例を導入しながら興味
を引き出すように心掛ける。

授業で育成する力・スキル
全学共通:挑み力
   学部:社会基盤に必要な工学技術を提案する力
   学科:3分野の融合に対応できる専門力

先修条件または
他の授業科目との関連
(1)先修条件:
先修条件はない。
(2)他の授業科目との関連:
本科目では「微積分1」と「微積分2」で学んだ微分積分学の知識を必要とする。

 

履修のポイント
留意事項
本科目は数学科目の中では難易度が高く、日頃の予習・復習には十分時間を取ってほしい。特に復習は大切であり、怠ると、途中から授業が理解できなくなる。授業で学んだことはその日の内に復習する習慣を身に付けて頂きたい。また、理解度を確認するために頻繁に小テストを実施する。

 

学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成