授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気回路1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「電気回路」は、学科名の一部に電気という言葉が含まれていることからもわかると思うが、本学科の最も重要な科目の1つであり、その後に続く回路系の科目の基礎となる科目である。「電気回路1」では、電圧とは何か、電流とは何か、電力とは何かといった電気の基本的な事柄について学んだ後、オームの法則、枝電流法、閉路電流法、テブナンの法則、重ね合わせ乗りなど直流回路の解析法について学ぶ。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けていない。本科目の履修後、「電気回路2」を履修してもらいたい。
本科目は、「電子回路1」、「電子回路2」、「集積回路工学」を学ぶ上で基礎となる科目である。
履修のポイント
留意事項
習った範囲の演習問題を解くといった復習中心の勉強をするとよい。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成