授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 オブジェクト指向言語
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
C++やJavaに代表されるオブジェクト指向言語は、データと操作をひとつのオブジェクトに閉じ込めて定義する計算機言語で、現在の主流のプログラミング手法となっている。
本授業では、オブジェクト指向言語としてJavaを対象言語とする。Javaにおけるクラスの定義、カプセル化、継承、抽象クラス、インターフェィス、多態性(ポリモーフィズム)とオーバーライドなどを学習し、オブジェクト指向言語のプログラミング手法を習得する。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設定していないが、「プログラミング入門」や「プログラミング」において、プログラミング言語(C#およびC言語)をマスターしておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
プログラミング力をつけるために、実際にプログラムを動かしながら学習する。
演習問題を確実に解き、理解を深めてほしい。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成