授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 デジタル回路
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
パソコン、タブレット、スマートフォン、家電品、自動車、ロボットなど身の回りの多くの機器にはデジタル回路とその集合体であるマイコンが組み込まれており、電気・電子・情報系技術者にとってデジタル回路技術の理解は必須である。マイコンの中枢であるCPUの基本的な動作原理を理解するには、デジタル回路の動作原理を理解しておく必要がある。本授業では、まず、デジタル回路の概要を説明した後、2進数とブール代数、AND、OR、NOTなどの基本論理ゲート、論理式、真理値表、論理式の簡略化などについて学び、そして、基本論理ゲートを用いた組み合わせ論理回路の設計方法について学ぶ。次に、フリップフロップの基礎について学んだ後、フリップフロップを用いた順序回路の設計方法について学ぶ。また、デジタル回路の設計や利用を行うには、論理演算のロジックだけの知識では不可能であり、抵抗やコンデンサなどの受動素子に関する知識が要求される。必要な受動素子に関する原理や特性についても併せて講義を行い実践的な技術修得を目指す。


先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。授業科目「電子回路1」、「電子回路2」、および「集積回路工
学」と関連する。
履修のポイント
留意事項
過去の情報処理技術者試験で出題されたデジタル回路関連の問題を解いて、基礎知識の定着を図ることも行う。

定期試験の成績、レポートの内容および出席状況を加味して総合的に評価する。なお、
授業態度も考慮する。

学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成