授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光電子デバイス
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
光電子デバイスはマイクロコンピュータに代表される集積回路、LED(発光ダイオード)等の次世代光源、ソーラー発電等のクリーンエネルギー分野等に役立てられている。本科目では光電子デバイスの基本的な構造や動作原理を理解することを目的とし、固体のエネルギーバンドや半導体接合等の半導体物性理論をもとに、ダイオードやトランジスタなどのデバイス特性や電子回路における役割等を学ぶ。更に半導体における光の吸収・放出過程やヘテロ接合を学び、LEDやソーラセルの動作原理や特性についても理解を深める。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けないが、基礎科目である「電気回路1」「電磁気学」を修得した上で、第4セメスターでの履修を推奨する。また、同じセメスターで開講される「電子回路1」とは内容が関連しているので、あわせて履修することで学習効果が期待できる。
履修のポイント
留意事項
実践力を養うために授業中に演習やグループ課題等を実施するので、積極的な姿勢で取り組むことが必要である。また、週2回開講で授業が進行するペースが早いので、毎回予習・復習することを心がけて欲しい。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成