授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物生産工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
人類にとっても、欠かせない植物を安定的に生産するために、工学的技術を応用して、植物を効率的かつ安定的に生産する技術を学ぶことは大切である。その基礎となる、植物の代謝と成長に関する各種の現象と原理から、各種の応用装置までを体系的に取り扱う。まず、植物生産と生育制御で必要な、水分生理、養分吸収、光合成、環境と植物反応などの植物生理学に関して講義する。そして、応用的な内容として、養液栽培システム、環境制御システム、植物生産管理システムなどの原理、特徴等について講義する。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:特になし
他の授業科目との関連:「植物工場論」における植物の生育制御・管理に必要な工学的
           基礎理論をその内容となる。
履修のポイント
留意事項
植物および農学分野の知識が必要。
学部・学科必修/選択の別
基盤工学部 電気電子情報工学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成