授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 世界の畜産
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 わが国の家畜生産の歴史と現状について説明するとともに,家畜と人との関わりを食料生産としての家畜の生産,畜力の利用等に分けて概説する.次いで,アジア,アフリカ,ヨーロッパ,アメリカ,オセアニア,極地等において家畜と人の関わりの様子を示しながら世界の家畜生産の現状について説明するとともに,風土と畜産形態の関係を理解する.また,世界の畜産と日本の畜産を相対的に学び,日本の畜産における特徴を認識する.この中で,現在の家畜生産に関する状況について理解を深め,今後の適正な家畜生産に関して考究する基礎と国際的な視野を養う.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   自ら考える力
農学部:    人と自然の調和を創造する力
応用動物科学科:適正な動物生産を創造する力,
        人と動物の適正な関係を創造する力

先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:現代文明論,農学概論,動物管理実習
2)先修条件:特記事項なし

履修のポイント
留意事項
 本科目は,動物飼育・生産科学関連科目に属し,グローバルな視野で適切な動物生産に関わる歴史や現状を理解することが重要である.本学で行う家畜人工授精講習会を受講するためには,本科目を履修し,単位を修得しなければならない.


学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択
農学部 応用動物科学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成