授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物生理学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  動物は感覚,運動,呼吸,循環,消化,吸収,排泄,代謝,生体防御および情報
伝達など様々な生理機能を営むが,これらの機能は生体のもつ自律的調節によって
統括されている.本科目はこれらの動物の生命現象を理解するための基礎的科目の
一つである.本講義では,これらの諸機能を逐次説明するのではなく,動物が環境
の変化に遭遇したとき,生理機能のレベルをどのようにして自律的に調節し,体内
環境を保っているかについて,いくつかの生理機能(感覚,代謝,情報伝達など)
を例にして講述する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   挑み力
農学部:    自然の仕組みと生命の尊さを理解する力
応用動物科学科:動物に関する科学的な理解力

先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:基礎生物学,生化学,生物学,動物生体機構学
2)先修条件:特記事項なし
履修のポイント
留意事項
  本科目は,動物生命科学関連科目に属し,動物の生命現象の基礎分野の一つであり,
動物体の様々な生理的機能を自分の知識として定着させることが重要である.


学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択
農学部 バイオサイエンス学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成