授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生体物質の化学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
生物がどのような生体成分を利用しているかを理解することは,きわめて重要なことである.近年,生体成分に関して新しい機能が次々と発見されている.このような新しい機能を理解するためには,生体成分の基本的な化学的性質を理解していなければならない.本講では,これらの生体成分について化学的な側面から解説する.すなわち,生物の生命活動に必要なタンパク質,糖質,脂質,核酸などの物質の構造を解説し,その化学的性質からそれらが代謝,生合成,生体防御などの生命活動に機能的にどのように関与しているかを概説する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
農学部:自然の仕組みと生命の尊さを理解する力

先修条件または
他の授業科目との関連
本講義は,生体に含まれる物質について解説するので,生物学全般の講義科目の基礎となる講義である.したがって,本講義を受講した後に他の専門科目を受講することが望ましい.

履修のポイント
留意事項
本講の内容は,生命科学全般の基礎的な事項であるので,随時最新のニュース等を講義で紹介する.
毎回,授業内容の理解度の確認と出席確認のため,確認小テストを実施する.
成績は,出席,小テスト,定期試験の結果を総合して評価する.

学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択
農学部 バイオサイエンス学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成