授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生化学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
生命現象を化学的に説明し、さらに生物を分子のレベルで解明しようとするのが生化学である。生物には形態、増殖、分化、エネルギ−変換などに特性があるが、基本的な点で高等動物から微生物まで共通性が高い。生命現象の過程には多くの化学反応(生化学反応)が行われており、その反応は精巧に相互に制御されている。生体内で起こる化学反応は、酵素というタンパク性触媒によって進行し調節されている。本講義は生体で起こる化学反応を触媒し、また調節する酵素の仕組みを構造と機能の面から明らかにし、その調節機構を考究する。

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
農学部:自然の仕組みと生命の尊さを理解する力
先修条件または
他の授業科目との関連
基礎知識として「生体物質の化学」を受講しておいた方が望ましく、本講義は「代謝化学」への導入として重要である。


履修のポイント
留意事項
何が重要かというキーポイントを把握するとともに、教科書や参考書をよく読むという自発的学習努力が望まれる。評価は、出席や中間試験、定期試験などで行う。


学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択
農学部 バイオサイエンス学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成