授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物栄養学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  飼料としての植物体を摂取させて家畜の生産性を論ずる場合,まずその第一歩と
なるのは栄養素の消化と吸収である.ここでは単胃家畜,反芻家畜の栄養素の消
化・吸収機構の特徴やその内分泌や神経生理学的な制御についても講述する.飼料
の消化率と家畜の飼料摂取量との関係を飼料成分や消化性,家畜の生産目的等と関
連させて明らかにする.次に家畜の生産機能を維持,成長と肥育,産乳,繁殖,産
卵に分け,それぞれについて栄養素の所要量を明らかにし,家畜を飼育する場合の
基本的な事項について飼養標準を参考としつつ概説する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   自ら考える力
農学部:    自然の仕組みと生命の尊さを理解する力
応用動物科学科:動物に関する科学的な理解力,
        適正な動物生産を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:動物生理学,動物生体機構学,生体物質の化学,動物飼料学,草地
学,生化学,世界の畜産
2)先修条件:特記事項なし



履修のポイント
留意事項
 本科目は,動物飼育・生産科学関連科目に属し,栄養の取り込みおよび体内利用から
生産につながるまでの過程を理解することが重要である.本学で行う家畜人工授精講習
会を受講するためには,本科目を履修し,単位を修得しなければならない.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成