授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物衛生学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  動物の生体防御機構,宿主-病原体-環境の相互作用,動物集団の疫学と防疫,動
物移送の衛生と検疫,ヒトの生活環境に与える有形・無形の動物生産の要因の影響
等について,動物の健康と環境との関わりを,特に予防衛生の見地より講述する.
さらに,ヒトと動物の共通感染症および動物の生産物(特に食品)が介在するヒト
の感染症について公衆衛生学的な内容も含んでいる.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   自ら考える力
農学部:    人と自然の調和を創造する力
応用動物科学科:適正な動物生産を創造する力,
        人と動物の適正な関係を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:動物生体機構学,動物生理学,動物栄養学、動物管理学など
2)先修条件:特記事項なし
履修のポイント
留意事項
 本科目は,動物飼育・生産科学関連科目に属し,疾病の予防・防御の観点から講義内容
を理解することが重要である.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択
農学部 バイオサイエンス学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成