授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用動物科学システム論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義は応用動物科学科で何を学び,将来にどのように結びつけるかを自ら考え
理解するための科目である.本科目は本学科で開講されているフレッシュマンゼミ
ナールで学んだ内容を基礎に展開される.まず,動物に関係するテーマでグループ
によるフィールドワークを中心にして「疑問点の抽出」「それを紐解くための調
査」「結果に基づく疑問への回答」という科学的な根拠に基づく一連の思考過程を
自ら実践し体得していく.このグループワークを通じて,動物に関する問題を解決
する切り口と方法ならびにそのために必要な学問分野や相互のつながりについて理
解を深める.一方,これらの学問が社会でどのように役立っているのか,このよう
な学問からどのような力が養われるのか,実際の職業と関連付けながら考えてい
く.最終的にこれらの取り組みを通じて将来を踏まえた応用動物科学科での4年間の
学びの自己プランを設計していく.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   挑み力
農学部:    理論を応用し実践する力
応用動物科学科:動物に関する科学的な理解力,
        適正な動物生産を創造する力,
        人と動物の適正な関係を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:すべての学科開講科目
2)先修条件:先修条件とはなっていないが,本学科で開講されているフレッシュマ
ンゼミナールで学んだ内容を基礎に展開されるため,フレッシュマンゼミナールを
先に修得していることが履修に当たり強く望まれる.

履修のポイント
留意事項
 本科目は,応用動物科学総合科目に属し,特に学科科目の総合理解および教育理念な
どを理解することが肝要である.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成