授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物科学実験3
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 応用動物科学科では,生体機構,生理,遺伝,繁殖,栄養および行動などの動物
に関する基礎を学び,これらの学びを基盤にして動物の飼料,衛生,管理,福祉,
環境管理などを考える.このように本学科では多岐にわたる分野について,分子,
細胞,組織,器官,個体,個体群,群集および生態系という様々なスケールで学
ぶ.動物科学実験1−3は,専門科目における講義内容の理解を深めるとともに,
応用動物科学に関する基本的な実験方法を理解・習得するために設けられている.
特に動物科学実験3では,動物飼養管理に関する分野の実験法について学ぶ.さら
に,これまでの動物科学実験1−3で学んだ内容を総括し,卒業研究を行う所属研
究室の選択へとつなげる.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   集い力,挑み力
農学部:    理論を応用し実践する力
応用動物科学科:動物に関する科学的な理解力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:動物生態学,動物管理学,草地学
2)先修条件:特記事項なし
履修のポイント
留意事項
 本科目は,応用動物科学総合科目に属し,基本的な実験の原理を理解するとともに実
験手技を修得することが肝要である.試薬や実験器具については,安全性を最優先に考
え、慎重に取り扱うこと.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成