授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 実験動物学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 家畜は,産業家畜,社会家畜,科学家畜の3つに分類することができ,実験動物
はこの科学家畜に相当する.実験動物は,医療技術や医薬品の開発,食品や生活用
品の安全性の確認,さらには生命科学の発展に必須の存在となっている.ここで
は,まず動物実験の倫理と福祉について学んだ後,実験動物としてのマウス,ラッ
ト,ウサギに加えて,パイロットアニマルとして注目されてきているヤギ,ヒツ
ジ,ブタ,ニワトリ,ウズラについて,遺伝的基礎と育種,繁殖理論とその応用,
栄養的理論とその応用および飼育・管理の実際について講義する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   自ら考える力
農学部:    自然の仕組みと生命の尊さを理解する力,
        人と自然の調和を創造する力
応用動物科学科:適正な動物生産を創造する力,
        人と動物の適正な関係を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:応用動物科学科開講のほとんどの専門科目と関連がある.
2)先修条件:特記事項なし



履修のポイント
留意事項
 本科目は,人と動物の関係学関連科目に属し,取り扱われる動物と人との関係を適切
に理解することが重要である.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択
農学部 バイオサイエンス学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成