授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地域動物論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 地域にはその風土を背景に発達してきた家畜の品種や飼養法があると同時に,それらを利用して発展してきた文化がある.また,家畜生産は結果的にその地域特有の野生生物群集を含む生態系を支えてきた.本科目では農畜産業のグローバル化が進む昨今,地域環境と社会に根ざした持続的な家畜生産の意義を阿蘇・熊本などの地域事例から考えるとともに,その方策を展望する.さらにはこれらの家畜生産が地域の活性化と価値向上のためにどのように貢献できるかを考える.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   自ら考える力
農学部:    人と自然の調和を創造する力
応用動物科学科:適正な動物生産を創造する力,
        人と動物の適正な関係を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:応用動物科学科開講のほとんどの専門科目と関連がある.
2)先修条件:特記事項なし
履修のポイント
留意事項
  本科目は,人と動物の関係学関連科目に属し,地域特有の動物生産の在り方と人との
関係を適切に理解することが重要である.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成