授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 食品製造実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本実習は,種々の畜産食品の製造を実践し,関連する技術を理解・習得するとともに,食品加工や食品衛生に関する理論をより深く理解するために設けられる.実習内容は,乳製品の製造,畜肉製品の製造,その他鶏卵を原料にした食品製造などである.これらの各食品の製造過程を通して,食品衛生の意識を高め,さらに原材料や器具・機材の扱い方をはじめ,各工程の意義,添加物の役割,食品規格などについて学習する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   挑み力,成し遂げ力
農学部:    理論を応用し実践する力
応用動物科学科:適正な動物生産を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連
1)関連科目:食品加工学および食品衛生学
2)先修条件:食品加工学および食品衛生学を履修していない者は,本科目の履修を
制限されることがある.
履修のポイント
留意事項
 本科目は,食品科学関連科目に属し,食品製造を基礎技術を学ぶのもであるが,衛生
的な取扱いには十分留意する必要がある.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用動物科学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成