授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際文化概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
国際文化概論では、建学の精神に基づく学部や学科の設立の経緯を踏まえ、国境を越えて貧困問題や環境問題といった世界共通課題の解決に向けて活躍することの意義を学ぶ。本授業を通じて、国際文化学部が取組む社会課題の構造について理解し、自らの視点で当該課題の解決方法について考える姿勢を養う。社会課題は特定の国家や個人により解決できるものではないので、当該授業では社会課題の解決に必要な「力」の結集をマップとして描けることを到達目標とする。例えば、これまで対立関係にあった企業と非政府組織(NGO)の「共創関係」がそれに相当する。
先修条件または
他の授業科目との関連
国際文化概論は、初年次の学部生を対象とした必修科目で、第2セメスターに開講される。当該授業科目は、東海大学の建学の精神や育成すべき4つの力を踏まえて学部が開講する必修科目であることから、第3セメスター「現代文明論」の履修に関連する。他の授業科目との関連については、各学部のガイダンス等によって提示される。
履修のポイント
留意事項
学部生共通の必修科目であり、第2セメスターでの単位取得を心がけること。学科ごとに特色ある授業メニューが設定されているので、初回のガイダンスに必ず出席してその内容や受講関連情報を確認すること。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 必修

2018/09/13 17:24:48 作成