授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 文化人類学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学部共通科目)
授業の目標
 「文化」を理由とする紛争や葛藤が、今日、世界中で発生している。そうした現実を前に大きな当惑や困惑に直面させられている私たちにとって、フィールドワークにもとづきながら文化研究を行っていく学としての人類学の可能性と必要性は、以前より増大している。
 人類学は、西洋の知の分類体系に抗するかたちで、人間の身体から感情、観念、環境との関係までを総合的に理解しようとするものである。さらには、人間の全活動領域としての経済、政治、社会、宗教、倫理、芸術等を総体として理解しようとする傾向性をもっている。本講義では、このような「総合の学」としての人類学の学的積み上げの歴史と思考の流れを学ぶことで、「文化」をめぐる現代的課題にどのように対峙すればよいか、その「構えかた」について受講者が各自で考えられるようになることを目指す。



先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特にないが、「社会学」や「経済学」、「政治学」といった人文社会科学の基礎的知識を習得できる科目を事前に履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
本講義では、以下の履修目標の達成を目指す。そのために、参考文献などを活用し予習・復習に取り組むなど、積極的な授業参加を期待する。

1)人類学史における学的潮流や思考の流れなどを学習・理解すること
2)先行する研究の具体的事例から人類学の基本的性格を理解すること
3)人類学独自の研究方法と理念を理解し、各自が現実的課題の解決に対する考えをもつこと
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 選択

2018/09/13 17:24:48 作成