授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 健康管理概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
健康の保持・増進のためには、健康を支える栄養、運動、休養の3つの条件がバランスよくライフスタイルの中に取り入れられる必要性がある。機械化的な文明の発達によって不活動でストレス過多な生活が普遍化した社会環境にあって、ライフスタイルの中での運動(身体活動)なしに健康の保持増進を図ることは難しい。本講義では、健康の保持・増進のための基礎となる健康の概念とその変遷、現代社会における健康問題を取り上げ、健康づくりの基本となる栄養・休養・運動と健康との関連について学んだ後、受講生をグループ分けして、各グループ毎で現代社会における健康問題のテーマについて調べ、その内容について発表と討論を行い、現代社会における健康の問題やその課題および解決策などを積極的に考えられる力を身に付けることを目的とする。

この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力(全学共通)」、「地域社会に貢献する力(国際文化学部」、「実践指導力(地域創造学科」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はつけていない。学校保健、公衆衛生学、生理学などと関連が深い。
履修のポイント
留意事項
1)日頃からからだや心の健康に興味を持っておくことが大切である。
2)健康管理に関する課題を見つけることと、グループでの共同作業も含まれる。
3)成績評価は、レポート課題と各グループ毎で現代社会における健康問題のテーマについて発表と討論などを加えて総合的に評価する。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成