授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 データ分析A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業では、学生が自ら持ち寄ったデータをコンピューターを用いて処理・解析を行うことで、データ分析の基礎的手法を学びます。収集データを自分で分析する力を身につけることが授業の目標です。
 授業の導入部はデータの統計的な性質を知る方法を学びます。データは複数の数値や記号の集まりであり、そのままでは全体の特徴を見ることができません。平均や最大最小、分布特性など、検討対象の全体を見透すための手法を学びます。アンケートや各種計測(測定)は、ゼミや研究活動でも良く行われるものですが、単に結果を集計するだけではその特徴は見えて来ません。どうすれば回答者の傾向や対象物の特徴を読み取ることができるかを考えます。
 授業の後段では、相関関係や回帰分析について学び、データ間の関係性の理解を深めます。
本科目で育成する力・スキルは、「挑み力」、「成し遂げ力」、「異文化を理解する力」、「分析・考察力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
[エクセル]などの表計算ソフトを操作できることを前提に授業を進める。先週条件は無いが、「情報リテラシーA・B」を履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
多様なメディアから日々提示される情報を鵜呑みにせず、疑問を持って見ることを心がける。また、新聞などの活字を媒体とする情報に積極的に触れることも大切である。答えを探すのではなく、自分で導き出すことを心がける。
尚、本科目は「社会調査士」の資格取得に必要な科目群の中の一つである。
学部・学科必修/選択の別
国際文化学部 地域創造学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成